納骨堂・永代供養墓

最近、新聞やテレビで話題になっております納骨堂や永代供養墓ですが、実は各寺院では古く(戦前)からあり、お墓の建立の間、一時的に本堂の一部や敷地内の建物で遺骨を預っておりました。近年、墓地不足が慢性化している首都圏では寺院内だけに限らず、単体として増加傾向にあります。
利用者側の事情としては、お墓の承継者がおらず、先祖代々の墓がいずれは無縁墓になってしまうことを懸念するケースや、子孫に負担をかけないよう、納骨堂や永代供養墓を選ぶケースが多いようです。
また、「高齢になって、お墓参りがつらくなった」、「お墓が遠方にあってなかなか足を運べず、手入れが行き届かない」などの理由で、元々あったお墓を撤去する「墓じまい」をして、管理しやすく、交通至便な場所にある納骨堂や永代供養墓に「改葬」する方も増加しております。

納骨堂とは

個人、夫婦といった単位でご遺骨を収蔵することができる「納骨スペース」です。専用の建物か室内の棚(ロッカー)に設けられていることが多く、ご遺骨を土に還さず「骨壺でそのまま収蔵する」点と、「ひとつの建物の中にたくさんの納骨スペースを備えている」点が、従来のお墓との大きな違いといえます。一般的なお墓を「一戸建て」、納骨堂を「マンション」と例えるとわかりやすいかもしれません。運営母体で大別すると、①寺院が運営する納骨堂、②自治体が運営する公営納骨堂、③宗教法人・財団法人・社団法人が運営する民営納骨堂があります。

永代供養墓とは

寺院、自治体、民間霊園が建墓して、家族に代わって墓守(供養・管理)をしてくれるお墓です。お参りは自由にできますが、お参りする人がいなくても、いなくなっても無縁仏・無縁墓になる心配がありません。
一般的にお骨(骨壺)をカロート(納骨室)収蔵する方法により分別され、「合祀タイプ」は、ご遺骨をカロート内の合祀スペース(お墓の下)に散骨し、「骨壺安置タイプ」は、カロート内空所の骨壺安置スペース (棚、壇等)に骨壺(あるいは別の納骨容器)を、安置(期限付きの場合は7~33回忌後に合祀)します。合祀タイプは合祀スペースに多くの方が埋葬されておりますので、一旦埋葬しますと、故人のお骨の分骨や、お骨の改葬、返還が出来ないことがほとんどです。

表組みを左右にスクロールしてご覧いただけます。

霊園名 納骨堂 永代供養墓
搬送式 棚式 合祀 骨壷有期間 骨壷無期限
永代型
三浦霊園
・33回忌まで
春秋苑
日本庭園陵墓 紅葉亭
・33回忌まで
メモリアルフォレスト多摩
都筑港北霊園
・13回忌まで
・33回忌まで
海老名フォーシーズンメモリアル
・13年間1名様
・13年間3名様
藤沢城南霊園
・納骨から5年間
茅ケ崎霊園 永久の郷
・32年間
平塚中央霊園 II
・13回忌まで
川崎中央霊園 南小杉メモリアル